やっぱオーラバトラーでしょ!
その参



リアルポージングロボット
ビルバイン


■メーカー:メガハウス


■発売:2005年12月

■対象年齢:15歳以上

■サイズ:全高約20cm
造形には定評があるメガハウス。
発売することが決まってから、随分と待たされましたが、
やっと手に入りました。
気になるお値段はちょっとお高めですけどね〜。
でもガレキを考えたら安いものですから。
そんなわけで、可動も殆どないですけど。
(上半身はそこそこ動きますけど)
そして注目は対象年齢!!!!!
15歳以上ですよ。まさに大人のオモチャ。(爆)
是非とも購入して、気に入らない部分はリペイント
してみてはいかがでしょうかね?

購入比較
イーエストイズ icon Amazon
iconicon

要チェックやぁ〜!!!!!

さーて大人気のビルバインですがどうでしょうかね。
箱を開けると相変わらず、丁寧に梱包されてます。あちこち厳重に結んでありますので、ちょっとやそっとでは破損しないようにしてあるのでしょうね。さらに右手の部分は中央の画像のようにクッションまでいれてありますし。

今回のこの梱包で特に気になった部分は台座!
この台座はデザインは同じで色違いなだけで、ダンバインとかと比べて比較的オトナシ目なウェザリンクですが、こっちのほうが自分は好きですね〜。
しかし、気になったのはそこではありません。
前作のダンバイン&レプラカーンのときには、この台座は後ろのイナズマなような台紙にテープで貼り付けてありました。
今回はやってません。
大したことはないと思われるかもしれませんけど。テープで貼ってあったときには、この台紙を背景として使えませんでした。どうしても剥がれてしまうんですね。本当に丁寧にやれは大丈夫なのでしょうけど。

こんなところにも改良の余地が見えて、のっけから好感触で組み立ててみました。

造形は文句なく最高です。
TV版が好きな方はあまり好きになれない造形だとは思いますが、オーラファンタズム系が好きな人にはたまりませんね〜
(オーラファンタズムには、ビルバインはいないけど)

このマッチョのような感じといい、質感といい、こういのがオーラバトラーってもんです。
昆虫を模しているオラバトなので、こういう半光沢と光沢とつや消しを織り交ぜたとこが醍醐味なのですが、自分的にはやっぱり装甲?部分などは艶消しでやってあげたいと思ってしまうのは間違っていますでしょうか?なんとなく安っぽく見えてしますので。

それから、前作で大変不評だったコックピット!!!!!!!
しっかり対策してきましたメガハウスは!
しかも、中央の画像でも判るように、裏側にハチの巣のような模様まで入れてあります。なんちゅ〜意欲作なんでしょうか。
でも、操縦者は前方見にくいでしょうね。モニターも付いているけどTV版でも結構目視で確認してましたしね。
OVA版だと思えば全く問題はないのですが。
とりあえず、カッコイイ〜ので良しとします!

部分アップはこんな感じですね〜
手足のツメも黄色ばんでいて、絶妙なグラデが入っていますし、脚部の汚しも申し分ないです。
オーラコンバーターも半光沢がちょっと気に入りませんけど、まぁ及第点です。それに羽は半透明でうっすら透けているところなんてもう最高です。
ただし、この羽ですが、組み立て時にコンバーターの付け根にハマリにくいので注意が必要ですけど。
自分はちょっと折っちゃったので。そく瞬着で直しました。

オーラソードの塗装も使い込んだ感じがあって造形ともに文句なしですが、このビルバインで唯一気に入らないところが、手首のへんのホワイト!
これ最悪ですね〜。
カラーリングはともかくとして、全体的に沈んだいい感じの色合いがしている中で、浮きまくってます。
白すぎるって事もありますが、汚しもなんだかいい加減な気がしてくるほど。
新しい車が汚れたらこんな感じになりますってところでしょうか。全体的にそういう塗装だったら許せた部分(いや許せないけど)かもしれませんが。


ちょっくらポージングをとってみましたが、可動部分が少ないせいか、決ってないのですが、パッケージのポージングが一番無難だと思います。
足をもうちょっと開きたかったので、ひっぱたら外れちゃいましたし。(苦笑)

それと、右の画像はまんまボックス裏からスキャンしてますが、別売りのビアレスを使用してこんなカッコイイことができますので、是非ともやりたいところですね!