バンダイ 1/144 (旧キット)
ドライセン
 ラカン・ダカラン専用
<AMX-009 DREISSEN>


機体解説(説明書より抜粋)
<AMX−009 ドライセン>
格闘戦能力に比重を置いた設計であるが、凡用機としてふさわしい運動性、耐弾性、火力を持つ、トータルバランスに優れた機体である。
兵装としては、ビームトマホークとランサー、トライブレードといった近接戦用のものが中心で、両腕を自由にするためビーム砲も腕部内装式になっている。
ドライセン初陣は、マシュマーのシャングリア制圧と同時期に行われたラカン隊のアルカディア・コロニー征圧戦である。
ラカンはこの試作機でエゥーゴのネモを4機を撃破している。
ドライセンは旧ジオン、ドムの後継機であり、新しい設計思想を盛り込みながらも、安定した性能をもつ機体になった。

登場作品:機動戦士ガンダム ZZ


この旧キットのパッケージには、オーギュスト・ギダンが載っておりましたが、ラカン専用機として製作しました。
ラカンといえばザクVなどに搭乗しているイメージが強いとは思いますが、ドライセンの画面初登場はラカンが搭乗していました。
その為なのか? ドライセンといえば彼のイメージが強く、
燻し銀の漢(オトコ)のモビルスーツというすり込みのような記憶のために、今回の作成とあいなりました。
彼は、オールドタイプとはいえ、オヤジ。渋いオヤジは凄く強いと決まっています。「エースだ〜!!」

結局は量産機として後半の雑魚MSになってはしまいましたが、雑魚にしてしまうには、全くもって惜しいMS。
その為、またまたオラ設定で、このドラちゃんを作ってみました。いや〜大変でした本当に。



「ラカン専用 ドライセン AMX-009R」

量産型ドライセンでは背面にトライブレードを装備したタイプを採用したが、試作機ではランドセルを装着し、推力と燃料積載量を重視している。
そのためメガ・バズーカ・ランチャーの小型版のメガ・バズーカの採用は、量産機では出力不足のため見送られたが、
ラカン専用ドライセンでは、その試作機の思想を考慮にいれ、実弾装備のバズーカと小型90mmマシンガンを装備した。このことにより火力がアップし、接近戦だけでなく、中距離戦にもある程度対応できる機体となった。
基本装備は量産型と同じだが、腰部にマシンガンを装着したため、トライブレードが3個から2個に減少している。
推進力はバックパックを装備することにより、通常の1.5倍。装甲&重量も通常の1.2倍という重MSにチューニングされ、ZZのパワーに対抗できるようにカスタマイズされた。
同時期に漢はザクVに搭乗したため、結局はお蔵入りとなってしまった機体である。
0088のアクシズ戦役には別のパイロットで参加したという噂もあるが、記録上は確認されてはいない。
(これはその時を想定したものである)


と、こんな感じですね。
では、塗装の説明をいたします。
改造部分に関しては、
制作日記のほうをご覧くださいませ。


<塗装レシピ>

基本色はごらんの通り
パープルです。
このパープルをベースにして、明るい所は4段階、暗い所は2段階のグラデーション塗装をしております。

@下地に使用 : パープル50%+ミッドナイトブルー30%+クリアパープル20%+ブラック少量
A暗い紫(腕&脚の付け根付近) : パープル80%+ミッドナイトブルー10%+クリアパープル10%
B基本色 : パープル80%+ホワイト10%+クリアパープル10%
C明るい紫(ボディの一部&脚部の一部) : パープル60%+ホワイト40%

その他の色
レッド : イタリアンレッド+蛍光ピンク少量
間接等 : ミッドナイトブルー
ハンドガン&武器類 : ミッドナイトブルーの上からクリアブルー
動力パイプ : シルバー+ダークブルー(エナメル)
などなど

ドライブラシ&ウォッシングを軽めにしたあと、デカールを貼り、
水性のつや消しクリアーを、レッド部&ハンドガン以外のところに散布して完成です。




ご希望にお答えして、拡大画像を用意いたしました。画像をクリックしてください!
全て、約100KBくらいあります。(600x600pixel メインCG:800x600pixel)