バンダイ 1/100

MG ガンダム4号機

<RX-78-4 GUNDAM G04>


ルース・カッセル 出るぞ!


★ 塗装編 (F=フィニッシャーズ)

下地処理
  400番ペーパー →サフ → 800ペーパーヤスリファンデーションホワイトF後塗装です。
  部分的に600番のペーパーも使用してますが。
  
エナメル塗料でそれぞれのスミ入れし、デカールを貼り、トップコート(艶なし)を噴いて完成です。


主に使用したカラー(全て調色)
○本体ホワイト  ファンデーションホワイトF + ブルーパープル少量F + ブライトレッド少量F + ミドルストーン少量
○ブルー 胸部など  ブルーパープル + ファンデーションホワイト + 蛍光ピンク
○ブラック  スーパーブラック +ファンデーションホワイトF
○イエロー ピュアイエローF + 蛍光オレンジ + 蛍光イエロー + ファンデーションホワイトF

その他に、モノアイやバーニアなどにはスーパーチタンを使用してます。



◎感想です。
ディテールアップのコンテンツ用の素材として製作したガンダム4号機です。
実は一部の合わせ目作業してなかったりします。よく見ると画像でも判別できますね〜。
二の腕とハイパービームランチャーのブルーのところとかね。(爆)

これは5号機にもいえることなのですが、後ハメが自分にはかなり面倒なキットだったので手抜きしてます。
それでもそこそこには仕上がったのではないでしょうかね?

これは5号機との比較のために、下地処理以外はいっさい行いませんでした。
アンテナのシャープ化とか、バルカン&ランチャーの開口とかの基本工作はしてありますけど。

何度も、スジ彫り部分を掘りなおそうと思ったっことか!
いつもは途中でいやになるのに、習慣って恐ろしいものですね〜。

それでも我慢しての完成ですが、やっぱりエナメルのスミ入れは入りにくかったです。(苦笑)

あっ! よく見ると一部コックピットハッチが半開きだったりしますね。(爆)



よくもわるくもガンダム
えー、ノーマルのガンダムとそう造形の差はないです。コアブロックシステムはありません。肩のバーニアパーツは取り外しが可能です。過去にノーマルのガンダムを作った人は、あえて購入するまでもないと思います。
マンガ「機動戦士ガンダム宇宙、閃光の果てに・・・」のガンダム5号機がMGシリーズに。肩部増加スラスターとプロペラントタンクは着脱可能、ノーマルとフル装備状態の2パターンを再現可能。腕のビームガンとスネ後方のスラスターも着脱可能で接続部にはメカモールドを再現、肩関節は引き出し可能で、両腕で武器を構えるポーズも容易に再現。武器はガトリング砲、ビームライフル、ビームサーベル2本、折畳み式のシールド付属。


よろしければ、あなたのご意見・ご感想をお待ちしております。
ご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)