1/144 ハイグレード ギャプラン TR-5 フライルー 塗装完成品








【 ノーマルとの比較 】
左)ストレート(仮組み)   右)改修後



主に使用したカラー (F=フィニッシャーズ)
  グレー   ホワイトF + グレー少量 + SFコバルトF 
  ブルー   スーパーファインコバルトF + スーパーディープブルーF + 蛍光ピンク + ピュアホワイトF
 上記にホワイト加えたもの

いろいろ細かいところもやってますけど、塗装はこんな感じです。


■製作コメント

フライルーです。
購入から在庫ってたものですが、急遽制作することになり、予定とはちょっと違った感じで完成しました。

今回は、時間の関係で、塗装を丸一日でほぼ仕上げていますので、
デカール類は一部を除いて、付属のガンダムシールや余っていたものを多様してます。
おかげでマーキング部分は多少厚みがありますが、
こういったのもたまには良いかもしれませんね。
新たな発見も個人的にはできましたし。(笑)

改修部分は基本ストレートですが、
上半身のボリュームにくわえ、下半身が貧弱な気がしましたので、
脚部のみ改修を加えております。
仮組みとの比較でなんとなく判るでしょうかね?

カラーリングは、始めはトリコロールにしようと思っていたのですが、
下地処理をしているうちに、こういう方向性で・・・
ってなってきたので、
多少ノーマルとは違いますし、軽くスプリッターにしてみました。

下地はともかく・・・・
塗装はやればできると
思わせてくれた、2007年最後の完成品です。
(でも、もう寝ないで塗装なんてやらないけど・・・・汗)



ロングライフルの装備が難儀
写真のようにロングライフルを脇の下に挟む感覚で装備させようにもどうしてもライフル後部が他のパーツと干渉してしまいます。なので、写真のように装備できるよう握り手とかライフルグリップは相当削り込みました。後、完全変形がウリの一つだったギャプラン変形も追加パーツの関係で、肩と胴体を繋ぐパーツを根こそぎ外す必要があります。以上の短所を踏まえると、マイナス点を入れざるを得なくなりますがそれを補って余りある反則的はカッコよさは見る者を引き付けます。最早、ギャプランの皮を被った別物です。...
自由飛行も出来ないくせに!(こいつも推力飛翔だったはずだが)
トータルでは非常にいい出来。大きさも迫力も十分。(マークツーがしがみつくにはやや小さいが(笑))変形は両形態を見ると単純そうに見えるが、設定解釈が変更されており、パーツが大きく移動する、見ごたえのある変形となった。しかしやはり腕が重すぎる。特に腕・肩関節を繋ぐパーツには瞬間接着剤必須。また、変形も足にロック機構がなく、重量がかかる膝関節もへたりの不安が。気になる人はここも関節を強化しておこう。ブースターはやや大味な造形ではあるものの、装着するとHGUCとも思えぬボリュームに。スタンドはまだこの...