ガンプラ ガンダム w-system

【ガンプラ】 1/144 RX-78-2 ガンダム Ver.G30th 塗装完成品

1/144 ガンダムG30th ガンプラ

1/144 ガンダムG30th ガンプラ


主に使用したカラー
 □ ホワイト   シェルホワイト
 ■ ブルー   コバルトブルー+蛍光ピンクホワイト少量
 ■ レッド  ピュアレッド+蛍光ピンク+ホワイト少量
  イエロー  イエロー+ルミレッド+ホワイト少量
 ■ 間接など  ビスマスパール                              


1/144 ガンダムG30th ガンプラ
仮組との比較

1/144 ガンダムG30th ガンプラ
HGサザビー&エナメル塗料との大きさ比較

1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ
1/144 ガンダムG30th ガンプラ

■製作コメント

ガンダム30周年ってことで、
ストレートですが、ファーストを制作してみました。

最初のころのガンプラを作り始めたイメージで、
ちょっとだけ、グラデ塗装をしてますが、
画像だとほとんど判りませんね。

いままで、いろいろ作ってきて、初期のころのような
派手なグラデは出来なくなってきてますが、
これもある意味進化しているのかも?しれませんね。

スジ彫りが多いキットですが、全部彫りなおしてますので、
思ったよりは時間がかかってます。

でも、シンプルだけど、安くて手ごろな良いキットですので、皆さんも一度作ってみては?


単なる記念作品ではない
まず購入に二の足を踏むと思われるのは全身のモールドではないかと思われます。実際私もそうだったのですが、組んでみてスミ入れするとあまり目立ちませんし、逆に良いアクセントになっています。モールドを消す方もいらっしゃるでしょうが長所を殺すのではないでしょうか。プロポーションはHGUCと比較すれば段違いのスタイリッシュでMG-1.0を彷彿とさせます。逆にHGUCがずんぐりのアニメ基準に見えます(この辺は評価が分かれますね)。組みやすく、パチ組みとスミ入れ&トップコートでお台場のアレが再現できます。可動...
コアファイター無し
このキットは可動重視、Ver1.0のディテールの多さを踏襲したキットです。ホビージャパンに掲載されたガンタンク開発者の記事に拠るとMGガンタンクに並べるガンダムはこのキットがマッチすることらしいのでそれはそれで構わないです。ディスプレイのコアファイターが無いのが残念です。...
歴代最強のRX-78
 時代とともに変化してきたRX-78の造形ですが、ここへ来てついに念願の原点回帰。世代により好き嫌いが分かれるかもしれませんが、より兵器としてのリアル感を追求した近年のRX-78よりも、やっぱりファースト世代にはこのシンプルさこそが“アニメから飛び出してきた”真にリアルなガンダムだと思います。外見がシンプルながら中身はMG最新鋭の技術で鬼のような可動力をもつところなんかは、まさに“羊の皮をかぶった狼”です。個人的には付属のデカール等は使用せずシンプルに仕上げるのがお勧めです。 贅沢をいえば、こ...




ガンプラ ガンダム W-systemトップへ