バンダイ 1/144

HG ストライクフリーダム

<ZGMF-X20A>


ストライクフリーダム、システム機動! キラ・ヤマト! フリーダム、行きます!!!

にっ、2分!! わずか2分で、25機のザクと・・・グフが全滅だとっ!


★ 塗装編 (F=フィニッシャーズ G=ガイアカラー)

下地処理
400番ペーパー →サフ1000番 → 800ペーパーヤスリファンデーションホワイトF後塗装です。

エナメル塗料でそれぞれのスミ入れし、デカールを貼り、トップコート(艶なし)を噴いて完成です。

主に使用したカラー(全て調色)
○本体ホワイト  ファンデーションホワイトF + コバルトブルー少量
○ブルー1 腰・つま先 など  蛍光ブルーG + コバルトブルー
○ブルー2 ドラグーン  蛍光ブルーG + コバルトブルー + 蛍光ピンク少量
○ブルー3 ライフル部  ブルーパープルF + ピュアホワイトF + 蛍光ピンク 
○レッド  ブライトレッドF +ファンデーションホワイトF + 蛍光レッド + 蛍光イエロー
○イエロー ピュアイエローF + 蛍光オレンジ + 蛍光イエロー + ファンデーションホワイトF

製作記は一番下にありますので、よかったらご覧ください。


◎感想です。
今回は新発売のガイアカラーを試してみたかったので、製作してみたのですが、発色に関してはこんな感じでしょうかね。
どちらかといえば、クリアブルーに近い感じですが、それよりは発色が良いくらいでしたね。思っていたよりは物足りなくはありましたが、それでもそこそこの色味にはなったようです。

このHGストフリは皆さんが思うようにかなり素晴らしい造型ですね〜(苦笑)
ちょっとでもカッコ良くしたかったので、ポイントだけ改造してみました。
大改造などは、あとの方にお任せしますので。(爆)
それにしても、このキットマスキングがかなり面倒でしたね〜
特にビームライフル!!!!
画像でも確認できるかな?それなりです。

その他の部分としては、クリアパーツにちょっと気を使ってみました。
塗装はグラデーションなどで。サーベルにはパール塗装もしてあります。
中央部にホワイトで、グラデ塗装。実はドラグーンの先端もさりげなくグラデしてたりしますけど。
工作的にはドラグーンの射出エフェクト部分は240番で下地を荒くやすった後、ケガキ針でガリガリやり、荒い感じにしてみました。
ビームシールドも周りの部分をさらにギザギザに加工してあります。
足と胸部にはさりげなくメタルビーズのゴールドを使用してみました。



製 作 記
脚部です。
太ももは1.2ミリ延長〜し、フクラハギの部分も2.4ミリ延長してみました。
爪先の延長工作もしようと思ったのですが、長さはそのままに、右の画像のようにパテでこんな感じに。


まずは、左画像の頭部。見た目あまり変わってないかもしれませんが、
全体的に削って気持小さくしたのと、フェイス部分の裏側を削って、少し奥まってはめるようにしてあります。

右画像のアンクルアーマーは、0.5ミリプラ板でちょっとだけディテール。
成型中だったので粉まみれ・・・


胴体部分、お約束のプラ板で幅増し2.4ミリなり。脇の下周辺に0.5ミリプラ板を貼って少し大きく。
画像にはないですが、フロントアーマーの外側にプラ板を貼って、気持大きくしてありますけど。

右画像、腕部。肩部を後ハメにするため、プラ板でふさぎ穴あけ。パテで余分な隙間を埋めました。


基本はHJの作例を真似したので、多少は良くなったかもしれませんけど、
それほど多くは弄ってないので、こんなものかもしれませんね〜。
多少はカッコよくなったかな?

作例のように腕部の幅ツメや間接部の加工はしませんでしたが、
やっぱりこうやってみるとやってみたほうがいいようです。