1/144 EXモデル ヒルドルブ タンク形態・モビル形態・スーツ形態 塗装完成品



ヒルドルブ






主に使用したカラー (F=フィニッシャーズ)
  タンク本体   ホワイトパープルF + ビスマスパール 等
  MS本体 等    SディープブルーF ⇒ パール

基本色はこんな感じですが、

下地処理は、220番⇒320番⇒400番で面だしなどの基本処理をした後、
220番で同一方向に傷をつけています。
(一部は800番まで。タンクや頭部など)

塗装後、コンパウンドで磨き、下地の塗料を出したりもしてます。使用感を出したかったので。

サフ後、ベースカラーとして『フィニの赤金』。⇒その上から、グラデでブラックを。
その上から各種カラーでグラデ塗装などをしています。

デカールを貼り、コーティング後、エナメル塗料で、ウォッシング・ドライブラシなどでウェザ。
その他、いろいろ細かいところもやってますけど、塗装はこんな感じです。

半光沢っぽく見えますが、艶消しは部分的にしか使用してません。


ヒルドルブ
◆ タンク形態 ◆
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
◆ モビル形態 ◆
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
◆ スーツ形態 ◆
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ
ヒルドルブ

■製作コメント

ヒルドルブに下半身をつけて、モビルスーツ形態という、見たまんまのコンセプトです。
1/144サイズですが、本体自体が大きいので、
1/100のMGハイザック・MGザク・・・その他のパーツを使いミキシングです。
さらに、Bクラブのナイチンゲールのパーツも使用してます。
ジャンクで数年眠っていたので、最後の使用機会だったので。
もったいないの声も多かったのですが、しょせんはジャンク品ですからね。(笑)

折角のモビルスーツ形態なので、ある程度の接近戦も可能?
ってことで、近接武器も含め、多数用意。

その重厚さから、タンク部分に乗っての移動や、単独ホバーでも移動もあるので、
脚部には多数の金属バーニアを設置。
もちろん、拳ブランドです。

さらに、エネルギーも大量に消費でしょうから、エネルギータンクも背面に設置。

武器類の一つでもある、ミサイルポッド類は脱着可能できるように、
『ネオジウム磁石』で。
肩部・タンクシールド(マシンガンカートリッジに埋め込み)・脚部にくっつくようにしてあります。

もちろん、差し替えですが、全ての形態になるように製作してあります。




これは必ず買っておけ!
イグルーを鑑賞した者の最高の副読本になるであろう一冊。劇中に登場する多岐に渡る兵器の解説と設定画は、イグルーに魅せられた者の心を捉えるに違いない。コミック版のみに登場した試作兵器も掲載されており、初見の僕は興味深く読ませてもらった。キャラクターについてはCGは無し。コミック版の画像のみ収録されている。...
デカイぞ!
1/144とは思えないデカさ!見た目はすごくかっこ良く、満足してます。以下、細かいことですが、・主砲の根本についているスモーク発射包?の取り付けが緩い・モノアイ部分の中身が寂しいし、モノアイを動かせない・胴体のタンク部分は3つのパーツで構成されているが、取り付けが少し緩いかも。でも、それらを差し引いてもかっこいい!次はMGででて欲しいと思いますが、無理なんだろうな・・・。
少年兵の思い、往きざまを見よ。
く?っ!、出るね。ヨルムンガンドに次ぐ悲しき結果を求めていない兵器モビルポッド、こんな機体載れと言われたら素手で戦えって。云ってんのといっしょやん。だからこそ悲しい兵器、少年兵の思い、往きざまを求めて大人買いだ!(T_T) でも、同じくカスペン大佐に感動して作ったMGゲルググと並べて置きたいから1/100でVer.Kaで出してよ。 MGボールとも手をつながせたいな。...
名脇役
ティターンズの量産型MS。一年戦争後、ザクに連邦系の技術を投入して開発された。先輩レビュアー氏の賞賛するとおり、完成度が高くなにはともあれカッコイイです。色もカラフルで素組みでも十分イケます。マーキングシールはジェリド仕様とカクリコン仕様の2種類から選択可能で、私はしぶといジェリド中尉をチョイスしました。こうなると横に並べたくなるのは・・・マラサイあたりですかね。期待します。...