★ 塗装編 (F=フィニッシャーズ)
主に使用したカラー(全て調色)
○本体イエロー  ピュアイエローF + 蛍光オレンジ + 蛍光イエロー + ファンデーションホワイトF
(両方とも使用カラーは同じですが、調色量が違います)
○スプリッターイエロー 
○ダークブルー  スーパーディープブルーF  + コバルトブルー + ファンデーションホワイトF
○グレー1 スーパーディープブルーF + ファンデーションホワイトF
○グレー2 カーボンマットブラックF + ファンデーションホワイトF

改修部分に関しては、
製作日記のほうをご覧ください。

◎感想です。

グラデーション塗装にしようと思って塗料を作ったのですが、途中で気が変わったので、スプリッターで仕上げてみましたが、いかがでしょうかね?
ディテールの感じから、こちらのほうが似合うと思いましたので。
改造的には、なんとなく迫力がなかったので、自分なりに考えながら作業したので、元よりは重量感が出たんではないかな〜
一部に後からあちゃーってところは、やっぱアームビームガンの収納を完璧に忘れていたところですが、後からでも修整できますので、気が向いたら作業してみます。
あと、腕部の後ハメは強度が心配でしたのでやりませんでしたが、おかげで隙間がバッチリなところがダメダメでしたね〜
今後はしっかりとこういうところもやりたいところです。
今回は肩部のクリアパーツを製作してみたのですが、適当にやったのでもう少し練習が必要なようですが、いい勉強になりました。
ヒートプレスってやつね。

製作日記には書きませんでしたが、やっぱり武装が貧弱なので、ライフルを追加してみました。
ライフル的には全くの素組みですが、下のほうにある画像を見てもらえばわかると思いますが、マニュピレーターをもうワンセット追加してます。
最近のHG特有の武装装備のときにはパーツを付けたり外したりするのが強度的に貧弱ですので、1セットは接着してあります。
1セットっていっても、ライフル部分がありますので、単体は左手だけなんですけどね。
カラーリングもメタス用っぽくしてみました。

あまり意味がなかったのが、モノアイ!
画像では思いっきり写ってますが、そういうふうに光を当てたので。
実際は殆ど見えませ〜ん。でも可動します。(汗)




素組みとの比較
色分けはほぼ完璧なメタス。もともと単色系ではあるのだが、若干シールの部分もあるがHGにしては上出来!
近年のHGだけあって、MS・MAどちらの状態でも安定し、素組み派には良いキットでしょうね。
変形の良質キットではあるのだが、MS時の稼動範囲く、腰が回らない・肩が横に動かない・頭部の可動範囲が狭いなどの問題点もありますけど。
塗装派には、HGの変形ものには必ずつきまとう後ハメ加工や、マスキングしないといけない部分も多いなどありますが、一度作ってみることをお薦めします。