1/100 マスターグレード ストライクフリーダム 塗装完成品

MG ストライクフリーダム 改修塗装完成

MG ストライクフリーダム 改修塗装完成



MG ストライクフリーダム 改修塗装完成

【 ノーマルとの比較 】
左)ノーマル(組み立て説明書裏面より)   右)改修後

改修点は、こちらの制作日記をご覧ください。


主に使用したカラー (F=フィニッシャーズ)
  ホワイト   ホワイトF + グレー少量 + SFコバルト少量F 
 ■ レッド   ブライトレッドF + 蛍光レッド + 蛍光イエロー + ファンデーションホワイトF 
  ブルー   スーパーファインコバルトF + 蛍光ピンク + ピュアホワイトF
 ■ ダークブルー  スーパーディープブルーF + ブラック
  ゴールド   スーパーゴールド + パールホワイト + クリアイエロー

いろいろ細かいところもやってますけど、塗装はこんな感じです。
墨入れは、グレーorシルバーなど

MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成
MG ストライクフリーダム 改修塗装完成

■製作コメント

制作開始から、えらい時間がかかっての公開となってしましましたが、
なんとか完成しました。

改修ポイントは制作日記を見てもらうとして、

その他
メタル系のシールを脚部後ろ・フロントアーマー・頭部などに貼って
上からコートしてます。

さらに、拳王パーツも全身に使用してます。
判りづらいかもしれませんが、メタルビスやバーニアなど

マニュピレータもノーマルに加え、
平手・握手はハイディテールマニュピレーターを使用。

まぁそれなりにまとまったかな?





そのまま組んでも充分良い仕上がりになるストフリ。以前の1/100キットから格段に進化し、可動域やアクション性は驚異的なものとなった。関節のゴールド形成色については結構否定的な意見多数だが、同じくゴールド形成を採用している「HGUC百式+メガバズーカ」の暗めの色に較べれば、ストフリのものは明るめなので劇中のイメージに合わせるならこれで妥当かと。それでも「塗装しなきゃ気がすまない」という方へ。干渉部分は塗膜の厚みを考慮して、しっかりヤスリがけをしてほしい。これを怠ると、動かした時に塗膜が剥げてしま...
こんな本を待っていた!
プラモを作っている時、この部分は「どうなってんだ?」「何色だ?」「組立後はどんな感じになるんだよ」という疑問がすべて解消されました。ずべてオールカラー写真・解説付きだからです。ページ数も多いです。プロ製作だけあって究極の完成品です。ハンパなくカッコイイです。存在感と迫力があります。これは見ているだけで楽しいです。こんな風に自分も作りたいと誰もが望むでしょう。...
拡がるC.E.
MSVがテーマですので本編の機体はありません。今回は本編の機体の前身となったような、いわゆる「実験機」が多いです。新作の「オオツキガタ」は、ムラサメのMSV。ムラサメをゼータプラスのA1型とすれば、こちらはC1型にあたる機体です。他には、最新版の系譜図(何とストライクノワールまで載っている)、エースパイロット達の隠された活躍を描いた「MSV戦記」、各機の設定資料など。特にMSV戦記は、ホビージャパンの連載分に加筆修正を加えた完全版として掲載。さらにDESTINYでのメサイア攻防戦を描いた書き下...
MSV祭り
ホビージャパンの連載MSVを網羅した一冊。これほんとにいい。巻末の設定資料や書き下ろしアストレイなど。SEED世界のMSを作る上での資料となる。惜しむのはカッコイイディテールを加えたものがないことだ。GFFみたいなのがほしいね。大河原先生とカトキ氏の合作だとさらに良かった。また時代背景やホビージャパンの連載のMSV戦記も同時に収録してほしかった。
ガンプラがいじりたくなる
ホビージャパン掲載のガンプラ作例をまとめてムック化した本。VOL.4ということで、ガンダムSEED後半及びSEED MSV登場機体がメインとなっている。1/100MGフリーダムと1/144&1/100アストレイの改造作例を中心に、キットをベースに大幅改造した別機体や作り下ろしのスクラッチ作例がズラリ。中でも圧巻なのは1/100リジェネレイトだろう。独特のシルエットと複雑怪奇な変形機構を持つこの機体が立体化されたというだけでも、この本を見る価値は充分にあると思う。また、巻末に掲載されている設定資...