Mk-U Ver.2.0 製作日記
<RX-178 GUMDAM Mk-U>
前編 後編

Gディフェンサー編
2006年3月09日 「Gディフェンサー開始!」
超ぉ〜久々の更新のMK-2です。
やっとGディフェンサーに手をつけます。さーてスパガンになるのはいつのことやら・・・汗

見たとおりなのですが、こんな感じで進め始めました。上のパーツが弄ったやつですが、
旧MGだけあって、画像で見ても判りますがヒケが凄いし、合いもあまりよくありません。
こうやって、古いMGを組んでみると、いかに今のMGが進化しているのか驚嘆しますね〜。

そんな訳もあって、あまり大幅な改造はしない予定ですが、スジ彫りやディテールの追加に加え、穴開け加工などを施してみましたが、
さーてどうなっていくのでしょうか?
構想どおりに出来るといいのですけど、いつも軌道修正が必要ですからね〜

穴を開けたところですが、こんな感じに網を貼ってみました。
実際の設定画とは異なりますが、全体的にそうなので、ここも思いきって作業です。
スパガンにしたときには、さりげなく気になる部分でしょうしね。


3月16日 「ディテールアップ進行中」
こんな感じで地道にディテールアップ中です。
今回はewac さんの作例をかなり参考にさせていただいたので、
接続パーツのディテもマネしてやってみました〜


3月29日 「本体へ突入〜」
お次は本体のディテールアップです。
地味すぎて判りづらいので、矢印なんぞ入れてみました〜。

あまあまなインテーク?部分は、切り抜いて裏からスリット入りプラ板を貼って加工!
これだけでも雰囲気でますね〜かなり。

残りは市販のディテールパーツを使ってます。
後ろのスラスターも寂しスギでしたので。
バーニアノズルでも良かったのですが、四角い感じのGディフェンサーにはこっちのほうが似合っているかな?


4月6日 「本体の続き」
ちょっと間があきましたが、前回の続きです。
リヤウイングとでもいうのか、ちょっと寂しかったので、ウイングとディテールを追加しました。
宇宙空間では空力関係ないですけど。(爆)

コックピットとの接続部分は、スパガンになった時に目立つ部分でもあるので、市販バーニアでデコレート。
そのおかげで、カツ専用飛行ユニット(爆) のバーニアノズルはあまり大きくできませんでしたが。
設定では立派なバーニアが付いているんですけどね〜。
コックピット本体もディテールパーツやジャンクパーツでさりげなくディテアップしてあります。

これでほぼ本体が終了ですね〜。あと残すところは、ロングビームライフルです。


4月11日 「ラストスパート」
今回で終了のスパガンです。
やっとここまできましたが、結構頑張ったわりには地味だったかな?

最後の部分はロングビームライフルです。
先端部はメタルビーズの大きいのを埋め込んでみました。戴いたブラスパイプを埋め込む予定でしたが、
ピンバイスで穴をちょっと大きくしていたので、サイズが合わなかったので。
同じメタルビーズをエネルギーチューブにも使用してます。中心部はこの画像だと見えませんがスプリングです。

お尻の部分は、ディテールパーツやビーズ&真鍮線でお飾り!
スコープ?センサー部分には、四角い装飾をはめこんでみました。

そのほかも地味にスジ彫り入れたりプラ板でディテールしたりしてます。

リヤのウイングが曲がって撮影してしまったので、イマイチかもしれませんが。
こんな感じで工作は完了です。


前編 後編

完成品はこちら

発売日:2005/10/21

PGストライクのギミックを取り入れたとかで可動範囲は非常に広く、モールドも不自然でないくらいの量で雰囲気がよく出ています。
ただコックピットまわりと腰まわりのバランスが変な感じなのと小さく収納した時のシールドが不自然なので☆四つ。
お気に入りのポーズは方膝立ててバスーカを構えるポーズかな。
お買い得だと思います。
ガンダムMK−UとGディフェンサーのセットです。ガンダムMK−Uに付属していた武装などは全て付属しており、MGガンダムMK−UにGディフェンサーをそのまま付属させたかたちになっています。価格を考えてみると、Gディフェンサーはかなりのボリュームを誇っているにも関わらず、かなりお買い得なのではないでしょうか。ただ、MK−Uと比べると、Gディフェンサーは、ブースターなどのディテールが非常に簡素なため、若干寂しい感じです。とはいえ、スーパーガンダムの状態でも自立が可能で、合体用のジョイントもしっかりしており、すぐに外れたりしないようになっているなど、かなり出来のよいプラモデルだと思います。