Mk-U Ver.2.0 製作日記
<RX-178 GUMDAM Mk-U>
前編 後編

Gディフェンサー編

素組みだとこんな感じです。正直いって全く問題ないですね〜
程よくディテールも入ってますし、可動も一部を除いて素晴しいですし、いったいドコを弄ったらいいのか判らないくらいです。
それでも自分なりに頑張っていきたいと思ってますけど。


10月27日 「スタート〜
いつものとおり脚部から攻めていきます。左がノーマルです。
基本はディテールアップでやっていきますので、とりあえずこんな感じにしてみました。
まぁ見たとおりなのですが、くり貫いて裏側からエバグリのプラ板貼ったりしてます。
まだスジ彫りとかはしてないので、もうちょっと変わるでしょうが。 かかとの部分の穴は最後にメタルビーズを埋め込む予定です。


11月21日 「脚部〜」
ほぼ予定通りの、1ヶ月ぶりの更新です。
FFPの掲示板では、たまに報告してましたが。こんな感じに進めております。
とりあえず、内部フレームがチラ見出来るようにしてみました。

そして、さらにこうなりました。
ヒザ小僧は1ミリ幅増しして、前方へ斜めに突き出すようにし、
すね部分も裏側からプラ板貼ったり、スジ彫り入れたりと加工〜その他にも細かい所を弄ってます。
アンクルアーマーもこんな感じ(右画像)でディテールアップしてます。

次の更新は太ももで脚部完成の予定ですが、ガンダムOYWをちょっとパクってやります。
あともうちょっと足長にしたほうがいいかも?考え中〜です。

11月24日 「足長に〜」
前回考えていたとおり、脚部をゴチャゴチャとやったおかげで、足が短く見えたので、
思いきって、4ミリ延長してみました〜。
使用したのは四角バーニアディテールの大きさ違いを合わせたもの!
強度的にちょっと心配でしたので、1.5ミリの真鍮線で軸打ちしてみましたけど。

ふともも部分の加工もちょっとありますが、これは次回に・・・


11月28日 「脚部これで完成?」
太もも部分も出来上がってこれで脚部完成〜。
もしかするとスジ彫り追加とかの小変更はあるかもしれませんけど。


太ももの前部は、ガンダムOYWのようにしてみました。さらに内部が見えるように切断。
後部は、上方を切断後、1ミリのプラ棒をはさんで1ミリ延長。
その他にスジ彫りやディテールの追加、内部フレームが見えるように加工などしてみました。
一部、りりももさんがやっていたアイディアもいただきましたが。

腰部の可動は、えーた流を継承しましたので、詳しくはえーたさんのHPへ。
ここはかなり悩みました。HJ誌の作例のようにするか、えーたさんのやり方でいくか・・・・気持は2転3転しましたが。
HJ1月号の作例でいくと、上半身との接続部分とのクリアランス確保が難しそうでしたので、
作業量にみあった効果が得られそうにもありませんでしたので、結局はえーた流で仕上げました。
この状態ですと、上体をそらしたときには右の画像のようになってしまいますが、とりあえずはこのままで進めます。
全体のバランス的にこっちのほうがいいかも?って思ったので。

ついでに腰部の前後移動は封印! エポパテで。中の可動も同じく。
さらに股下の部分を1ミリほど延長してあります。上部分はそのままで。
これで横から見たときに、気持「ハの字」に見えるようにしてみましたが、あまり意味のない加工かも?
素直にアーマーイジレって? 仰るとおりなのですが・・・(汗)


12月05日 「腰部できました〜」
腰部のアーマー類です。

フロントアーマーは下部を左画像のように分割して0.5ミリプラ板で幅増し。
さらに下部分を前に突き出したように接着してみました。
裏側は埋めて皆さんがやっているようにしてみようかとも思ったのですが、チラリズム継承でハリボテ式ディテールアップ。
センター部分も穴を開けたりなんだりで、かなり時間かかってます。(苦笑)
リヤアーマーもディテールアップ+画像では判らないけどスジ彫りしてます。
サイドアーマーもプラ棒やエポパテなどで、ちょっとだけ形状変更しました。

なんかスパガンになってますけど・・・・こんな感じです。

センターアーマーがちょっと平べったく見えてしまいますね〜。このままでいくか?ちょっとイジルかは今後考えます。


またまた長くなってきったので、この製作日記も前後編にわけます。
次回は後編で胸部の予定です。

前編
 後編

Gディフェンサー編

発売日:2005/10/21

PGストライクのギミックを取り入れたとかで可動範囲は非常に広く、モールドも不自然でないくらいの量で雰囲気がよく出ています。
ただコックピットまわりと腰まわりのバランスが変な感じなのと小さく収納した時のシールドが不自然なので☆四つ。
お気に入りのポーズは方膝立ててバスーカを構えるポーズかな。
お買い得だと思います。
ガンダムMK−UとGディフェンサーのセットです。ガンダムMK−Uに付属していた武装などは全て付属しており、MGガンダムMK−UにGディフェンサーをそのまま付属させたかたちになっています。価格を考えてみると、Gディフェンサーはかなりのボリュームを誇っているにも関わらず、かなりお買い得なのではないでしょうか。ただ、MK−Uと比べると、Gディフェンサーは、ブースターなどのディテールが非常に簡素なため、若干寂しい感じです。とはいえ、スーパーガンダムの状態でも自立が可能で、合体用のジョイントもしっかりしており、すぐに外れたりしないようになっているなど、かなり出来のよいプラモデルだと思います。