「ざこたんこ」への道
ザクタンク制作記

2006年6月13日
MSVコンペ用の「ざこたんこ」の開始です。
とりあえず、使用キットの仮組みをしてみました。

旧キットは殆ど接着なので、だいたいの形に仮組み。
EXマゼラアタックは2セット入っているので、マダラアタックにしてみました。(爆)
それとHGザクですね。ザクはもう一個必要な予感・・・汗



下のベースはマゼラアタックを使用するとして、
全体のバランス取りを考えて接続部分から制作。

旧キットとマゼラアタック部分を使用〜
旧キットのパーツはそのままでは付かないので、パテなどで形状を多少いじってます。
側面などの肉抜き?部分は平面に整形。底辺は逆に凸凹にしてポールジョイントで。

2006年6月16日
サイドアーマーはこんな感じで。

左画像の左がノーマル。
幅つめ&斜めにエッジ出しとディテール追加。
裏側もプラ板でディテールを追加してみました。

2006年6月22日
今度は、腕っていうか肩ですね〜

シールドは形状変更しただけですが、垂直出しとかエッジとか意外と大変でした。

そのシールドを取り付ける肩ですが、
ノーマルが左で、中間をぶった切って再接続し、旧キットのパーツを接続できるようにしてみました。
旧キットの接続内部にはポリパーツを入れて強度を確保してます。
腕の先端はこのまま使うかどうかは判りませんけどね。

ザクがなければ・・・
やはりガンダムはザクがなければ語れません。最高にカッコいいですね。 このキットは値段も手ごろだし、完成度も高い。そんなにこだわらなければそのままで十分満足出来ます。 ザクのプラモデルを50機くらい自分の部屋に飾るのが僕のささやかな夢です。
レビュー マゼラ・アタック「一般仕様」と「砂漠戦仕様」の計2台が入っている。カトキハジメによりリファイン。EXモデルならではの緻密なディテールで造形。マゼラ・トップ砲は、差し替え式で再現し、印象的な砲撃シーンを再現できる。また、バーニア周辺部等のディテールも再現した。「一般仕様」は、エンジン排気管装備などのオリジナルディテールを追加。「砂漠戦仕様」は、スモークディスチャージャー装備。同スケールのミニフィギュアが4体付属。キット全長240mm。
コレだけ動くのはスゴイ!
とにかくよく動きます。肩は引き出し機構つきで、バズーカもマシンガンも自由に構えられます。そして足首。自由自在に動き、もう感動モノです。今までのザクはほとんど動きませんでしたからね。更に、細かいところで嬉しいのが武器の持ち手が左右両手あるところ。量産型も買って、バズーカ2丁持たせたりするとかなり決まります。プロポーションはアニメに準じたものとなっており、細かいモールドなどはありませんので注意。とにかくカッコよくてよく動くザクが1000円ですから、かなりオススメです。唯一の不満点はヒートホークが細く、持たせづらいところ。ヒートホークを使ってのポーズは結構取りにくいです。