MAI STURM・DIAS
MSA-099B シュツルム・ディアス
(MIA リック・ディアスを使用)

〜B型は自己主張が強いのであーる〜



10月21日
当方でも相互リンクをいただいている、tetsu さんの「ZZZ」の参加MIAキットであります。
しかも連投2作目です。

田舎から都会に出てきた「純朴」な若者が、キャッチセールスの上手い勧誘にのせられて、要りもしないダイヤの指輪を、5年ローンで購入してしまった。
そんなような、上手いお誘いにまんまと乗ってしまいました。(核爆)
(大変失礼な言い回しですね〜。スイマセン、ちょっと書いてみたかったので)



とりあえず、再参入するからには頑張らないといけないですね。
BBSのほうで、グライバインダーなんて「楽勝です」とほざいてしまったのですが、
このページを作っている段階で、すでに????
?が沢山つき始めてしまってます。
時間があれば、本体のプロポーションも改修したいと思っているのですが、さてどうなる?


見たまんまですが、画像が通常の状態ですね。
一番右の画像は、グライバインダーのイメージ&型取り用のボール紙をはめてみた状態です。
適当に穴を空けて差し込んだだけですので、グラグラで脚にくっついてしまってますがね。


形取り用のボール紙からとった4枚のプラ板です。
全部1ミリ幅です。
もちろん、グライバインダーのですよ。(あたりまえか)
とりあえずは、第一歩を踏みだしました。



10月27日
前回切り出したプラ板を箱組みしてみました。
左の画像はそれを仮組みしてみたところです。バランスは悪くないようです。
いろいろと資料やアドバイスをみなさまからいただきましたので、それを参考にしながら作ってみたのですが、ポリキャップを埋め込む関係から、設定画などとは多少違う形状になってます。
そしてさらに進行したのが、右の画像です。マスキングテープで仮止め状態ですが、それなりに形になってきましたね〜。
裏側はもう少しで完了です。


11月22日
約1ヶ月ぶりの更新です。いや〜サボっていた訳では・・・
形状は、取り付け位置などの関係で、電撃誌やブレキャミさんから頂いた永野氏の設定(画像)とは違いますが、だいたいこんな感じに仕上がりました。頭部の設定資料もありますが、本体自体は、まだ全くイジッテません。
とりあえず、グライバインダーの完成です。

前回からあまり進んでないように思えるかもしれませんが、バランスや形状の処理に結構苦労したんですよ〜(言い訳がましいかな?)

さてさて、あとは本体を何処までやるかですね〜


2005年1月16日
左から、HCM・弄ったやつ・MIA ばらすとこうなります。
腰アーマーをボリュームアップ。向かって左はノーマル リヤアーマー拡張中〜整形前。右のは前センターパーツ
お待たせいたしました。って誰も待ってはいないでしょうけど。
すごく久々のシュツルム更新です。

このプロポーションをいったいどうしたらいいのでしょう〜って悩んだ状態で止まっていたものですが、いい時代になりました。
HCMなんてものが発売され、見本用に購入してみたら、これがまたデキが良いこと。
しかも、パーツ流用が効きそうで神(バンダイ)に感謝です。

このHCMをバラしていると、罪悪感を感じました。まるで、旧キットにMGのパーツを移植している感じ。(笑)
普通の神経の人ならありえない改造の仕方ですね〜。

まずは脚部です。
ひざ下はHCMをそのまま移植しました。ギミックや可動域が素晴らしいし、大きさ的にもあまり変わりませんでしたので。
もちろん細身ですけど。こちらのほうが自分的にはカッコいいです。
太ももはMIAをそのまま、ちょっと加工して使用。間接部に市販パーツを使用して接続してます。
可動範囲も大幅に改善しました。(HCMほどではないですが)
多少全体的にバランスを見てプラ板などで整形してありますけど。

腰部は・・・。
フロントアーマーは当初は全体的に大きくする予定だったのですが、仮組みしてみたらなんか違う気がしたので、HCMのフロントアーマーを張り合わせて、アルテコでボリュームアップにとどめました。
右下の左にあるパーツがこれのセンターになるパーツです。これもHCM&MIAのパーツを少しづつ使用してアルテコで張り合わせです。

リヤアーマーはシュツルムの特徴でもある、延長の途中の画像ですね。パテ盛って、これからこれから。
資料ですともう少し丸みのある感じですけど、なんだかドラムロ(ダンバインに出てくる雑魚ね)のオーラコンバーターみたいだったので、少しシャープめにしてみました。


2005年1月21日
こころを入れ替えて、5日という最短で更新です。
今回も部分的なところばかりですので、いまいち判りづらい写真ばかりですけど、
お付き合いくださいね。
●左画像〜
腕部です。ノーマルのマニュピレーターは、リックディアスの特徴でもある大きな手なのですが、いまいち気に入らないので、HCMのを使用することにしました。そのため、接続部が合わないので、ポリパーツを埋め込みました。
動力パイプは市販のデテールパイプと交換してあります。4本のうち、一番右がノーマル。
●右画像〜
頭部です。
解りずらいでしょうけど、頭部です。
こちらもHCMをベースにして、プラ板をはさんで延長途中です。少し小顔になりました。

●左画像〜
胸部&腰部です。
ずんぐりむっくりのMIAの形状が気に入らなかったので、腰部を切断して、HCMより移植。
胸部はアルテコで造形してみました。
頭部との接続部は、この段階ではまだ作ってませんけど。(いま掘ってます)
●右画像〜
腰部のサイドアーマーです。
ベースのMIAを加工して、HCMのパーツを取り付けできるようにしてみました。
気持ち引き締まった印象になりました。


2005年1月24日
今回で最終更新のシュツルム製作日記です。
サフ萌え〜の方申し訳ないのですが、サフ画は載せない予定です。
そういえば、頭部の開閉ギミックの画像はありませんでしたけど、ちゃんと開閉するようになっています。

まだ下地処理も全くしてないので、先は長いのですが、完成まで気長にお待ちくださいね。でわ〜


完成塗装編へ