VOKS(ボークス)
 
1/144 レッドミラージュ
ガレージキット


2作目にして無謀にもガレージキットに挑戦。
(実際は3作目。これの前にプラモ版のFSSパトラクシェミラージュを作り大失敗してます)
これを作りたいために復活しちゃったようなもんです。ヤフーのオークションをなにげに見ていたら出品されていたので、あまり考えずに落札。なぜか無性に欲しかった。
遠い昔にはガレキを作った経験もあったが、もちろんお金もないし筆塗り。だったら買うなって声が聞こえてきそうだけど、半額セールやっていて少ないお小遣いでその時も衝動買いしてしまったのだ。当時、ガンダムの1/144が300円の時代に、定価6800円。半額でもかなりのモンだった。ものはウェーブのFSSジュノーン後期型。出来たときにはかなり満足の一品でしたが、今回は財力が違う。(貧乏人にはちがいないが)
(FSS=ファイブスターストーリー 永野護 原作のマンガです。あのエルガイムのキャラデザインをやってた人といえば解ってもらえるでしょうか?2003年3月下旬に最新刊が出ます。一度読んでみてください。お奨めですよ)
そんなわけで、エアーブラシで塗装しようと思い、昔のを引っ張り出し練習がてら2体作ってみたのだ。
結局安いヤツではダメってことになって、定価12,800円のタミヤのエアーブラシを購入してしまうが、始めはまだエアー缶で塗装していた。エアー缶が1本1,000円として3本消費した時点でコンプレッサー購入に踏み切った。クレオスのL5ってやつです。
現在のガンプラに慣れてしまった人達には、ガレキはかなり大変らしいのですが、巧い下手は別にして、自分にとってはあまり苦になりませんでした。
HG、MG、PGがどれほど凄いのかそのうちトライする事もあると思うので、お楽しみにとっておこうと思います。今はとりあえずレッドミラージュということで。
ちなみに、これをデジカメで撮っていて思ったのですが、写真の勉強もしたほうがよいようです。MAX塗りしているのですが、殆ど解りませんね。あまりグラデ部分を引き立たせなかったということもあるのですが。

基本は素組?です。ガレキに素組という概念があればですが。
今のガレキではなく昔のタイプのヤツなので、完全固定式ですが、多少ポーズを変えています。

中性洗剤でごしごしと洗った後、離型剤に浸けて更に洗浄。
600番→800番(場所によっては1000番)とペーパーがけをしてから、ピンバイスで穴をあけ1mmの真鍮線で固定してます。

塗装は、缶の1000番サーフェイサーを噴いたあとベースグレー。白立ち上げMAX塗り(まだまだですが)です。
白い部分はスーパーホワイトの上からブルーパール。(実際もよくみないとわかりません)
楯などのレッドはホワイトパールを噴いた上からクリアーレッド。
腰などは同じくパールの後クリアパープルです。
頭部のカウンターウェイト部分などは、アルミシルバーです。(磨くとひかるやつ)
全く解りませんが、足のレッドの部分はパールを噴いた上から金の模様を書き込み、その上からクリアレッドを噴いています。遠くだと見えないし、近くだとあまりうまくいってないことがバレでしまいます。ここがポイントだっただけに残念です。次回にチャレンジ。
最後にモンザレッド(だったような?)で墨入れして、超つや出しを全体に噴いて完成です。

おまけとして、台座も作りました。写真では解りづらいですが、ミラージュマークと英文で名前が入ってます。
迷ったあげく、あえてミラージュナンバーはいれていませんので、誰のかはわかりません。