1/60 PG AILE STORIKE GUNDAM
<GAT−X105>

中 編 〕

前編へ      後編へ

さてさて中盤のPGストライク製作日記の中篇です。
本当は1ページで軽く済ませようと思っていたのですが、
画像が思ったよりも多くなってしまったので、3部作にわけました〜。

後編では「エールパック&スカイグラスパー」の予定ですので、
単体としてのストライクはこの中篇で完結です。

では、ストライクどうぞ!

● 5月13日 腕部完成〜♪
腕 部 肩 部
前編と同じく、左(左上)にあるものがノーマルです。

●腕部
基本的にはディテールアップのみです、プラ板でパーツを作ったり、段差を二の腕付近につけましたけど。

●肩部
同じくディテールアップと、1.2ミリのプラ板を貼って大きくしてあります。
それから、外側の先端?にメタルディテールを使用してますが、6つの穴は全てピンバイスで開口です。エッチングユニットの穴より少し小さめのピンバイスで開口したため、気持ち段差がついていい感じに。


● 5月15日 次は軽く頭部が完成。
フィンをプラ板で スジ彫りとディテールパーツを追加
え〜頭部です。
本当は少しだけ小型化したかったのですが、内部に電池パーツなどがあるので、キットのまま行くことにしました。
ただ画像にもあるように、フィンの追加と、ディテールパーツとスジ彫りの追加に軽くとどめました。
その他は微妙にアンテナやアゴをシャープ化などをしております。
胸部のパーツは外してありますが、仮組みしてみました。


● 5月19日 ストライク完成(仮)!
胸部はさんざん悩んだ結果こうなりました 背部もプラ板でフィンを
さ〜てタイトルどおりですが、ここで一旦は完成です。
ここから、全体のバランスを見ながら、細かい修整を加えていくことにします。スジ彫りやディテールの使いなどね。
この段階で、前回とはちょっと違っているのが、頭部のアンテナです。バンダイエッジを削って、さらにシャープ化してありますが、下の画像でも全くわかりませんね〜(爆)

●胸部
胸部はどうするかかなり悩んだ結果がこうなりました。
初めは、Ex-Sのような内部のメカが見えるようにしたかったのですが、向かって左胸でやってみたのですが、結局へんな感じになってしまったので、途中でやめて、パテで元の形にしました。その代わり、下地処理のあとにディテールパーツを追加することにしました。多分ですけどね。やってみないとわかりませんが。
その他はご覧のとおりで、プラ板やディテールパーツ、スジ彫りなどを追加。
画像ではわかりづらいですが、脇の下あたりのプラ板を貼った部分を穴を直線に開けて内部フレームが微妙に見えるようにしてあります。そして、背面部のフィンの追加。リヤアーマーや頭部と同じやりかたです。

こちらがノーマル。スイマセン画像がこれしかなかった。 仮組みしたのがこれです。


● 5月23日 装備品など
装備に関しては、シールドのみディテールアップ。
わざわざアップすることもなかったのですが、とりあえずイジったので。

装備品に関しては、キャプションどおりシールドのみディテールアップです。
ディテールアップパーツを8箇所、それぞれ大きさの違うものを埋め込んだのと、エッジなどをヤスリで鋭角にしたのと、中央のイエローのパーツの先端も尖らせてます。
判りづらいですが、中央部分にスジ彫りの追加と、サイド部分にプラ板を貼って段差をつけてみました。


● 6月18日 やっと完了です。
やっとここまできました。
サフチェックが完了です。

前回の頭部ですが、またまたちょこっとイジッテます。思っていたよりも小さくなってしまったので。(苦笑)
全体的にもディテールの追加がちょこちょことやってますが、これで完了です。
素晴らしくかっちょいい〜って思うのは自己満足でしょうかね?

でもこれでやっとオプションのエールなどの製作ができます。まだまだ先は長いですけど。

次回以降は後編へつづく・・・・


前編へ   後編へ

発売日:2004/11/20
価格
感動
久々にガンプラ買ってしまいました。あまりにSEED&DESTINYが面白くって。久々に見るガンプラは。。。スゲー出来のよさです。そしてあの、箱を空けるときのどきどき感もたまりません!!!!幸せな気分になります(^−^

★送料無料★ 
箱もそれなりに大きいので、持って帰ってくる手間や、大人の世間体が気になるようでしたら、こちらで買ったほうがお得です。