バンダイ 1/100

MG ガンダム(クリアバージョン)
<RX-78-2 GUNDAM>

ライフルのスコープが逆付きに〜〜、写真取り直すのが面倒なのでご勘弁を。

今更ながら説明する必要もない「ガンダム」です。
ドライセンの金賞で頂いたものですが、しまっておくのも勿体無いので作ってみました。
しかしこの「クリア ガンダム」は、一番最初のMGガンダムで、現在のMGと比べてみるとやはり物足りなさは否めません。
MGは内部フレームがあるものと思っていたのですが、残念ながらありませんでした。
しかしこのMGがなければ、今のガンプラの進化がなかったかと思うと、感慨深いものがあります。
旧キットに比べれば本当に良く出来ています。

このころは極たまにプラモを作って(しかも筆塗り)いたので、発売され世間で騒がれていたのは知っていましたが、それでも何故か?購入しようという気にはならなかったと記憶していますね。
この辺りで初心に帰って初代MGを組んでみるのも良いと思い、作成してみることにしました。がっ・・・・
仮組みでかなり苦戦しました。(苦笑)
ある意味レアなクリアパーツ。これが集合して全部クリアパーツになると、なんて難易度の高いプラモに変貌するかということを、まざまざと見せつけられてしまいました。
これは塗装に関しても同じで、折角のクリアパーツを生かすため半透明塗装にチャレンジしたのですが、
サフを噴けないもどかしさ。合わせ目やヒケをパテで消せない、いらただしさ。
おかげで出来はイマイチになってしまいました。合わせ目などバッチリです。(笑)

完成したらオークションに出品しようと思っていたのですが、ちょっとこれは出せませんね。
それなりに面白いものにはなったのですが・・・。



★ 塗装編
800番→1000番でペーパー。
ペーパー後そく塗装です。半透明を目指す塗装なのですが、内部フレームがないので、殆どのパーツを裏側からも塗装しております。

・ホワイト裏側 : ホワイト+コバルトブルー少量+蛍光イエロー少量+クリアブルー少量
・ホワイト : ホワイト+スーパークリア → ホワイトパール
・レッド : スーパーイタリアンレッド+スーパークリア → レッドパール
・ブルー : クリアブルー+スーパークリア → ブルーパール
・イエロー : キャラクターイエロー+ホワイト(裏側からのみ塗装)
・武器類&間接部 など: クリアブラック → ブルーパール


エナメル塗料でそれぞれのスミ入れし、両肩にデカールを入れて完成です。

盾の淵のホワイトは、そのままホワイトを噴いておりますので、半透明にはなっておりません。
肩などの一部は、裏面の塗装を行なっておりませんので、多少ほかのホワイト部分と違う感じになっていますね。

今回はパールに多少こだわってみたので、ブルーとレッドのパールはWAVEの粉パールを通常のパール塗料に加えております。
いくら掃除してもエアーブラシに残るといわれている粉パールですが、やはり光沢感がぜんぜん違いますね。
良く光っております。


☆ 感想です。
今回のEXモデルですが、値段の割にパーツ数は本当に少なかったです。思いっきり素組ですが・・・。


2006年 画像撮影しなおしたもの