1/35 U.C HARD GRAPH ワッパ 塗装完成品

主に使用したカラー(F=フィニッシャーズ)
 ■ ゴールド  赤金F → クリアオレンジ+ビスマスパール
補足:ウレタンクリア後に研出しを行いました。最後にワックスかけてます。
 ■ シルバー等  スーパーチタン ・ メッキシルバー ・ クロームシルバーなどを使用してます。
 ■ レッド  ブライドレッド

いろいろ細かいところもやってますけど、塗装はこんな感じです。
もちろん墨入れもしてますが。(笑)


■製作コメント
ウェザリンクやジオラマのイメージのあるワッパですが、
視点を変えてグロスで仕上げてみました。
当初から、このキットはグロスでいこうと思ってましたので、最初は漠然と赤く塗っちゃおうって脳内妄想してましたが、
雑誌の作例でやられてしまったので単純に金に変更しました。
まぁ、妄想から完成まで時間もありましたので。(笑)

カタログも製作したので、コンセプトは見てもらえれば判るかな?
ずばり
「新車発表会」のようなモーターショーのようなイメージです。
もちろん、これはある軌道浮遊機なので、「特別仕様車」という設定です。
HJ誌のオラワッパコンテスト用でもあったので、このへんは自由にやりました。
ありえない、超豪華装備の限定車です。(爆)

観客には、ガンダムエースの彗星ひよこのオマケを複製をとって登場。
シャア君はプライズものをほぼそのまんま使用してます。

時代背景としては、1年戦争のかなり後!
だいたいUC0092くらいの逆シャアのちょっと前くらいかな?

製作
本体はストレート組みです。
アンテナのみプラ板やパテで製作。
解説役のシャアのコスプレフィギュアは、「ランバ・ラル遊撃セット」のラルをベースに製作。
パテで多少形状を変更してますが。

台座は情景(芝生)をくりぬいて、グリーン絨毯にしました。
レッドカーペットも考えたのですが、全体が映えないように思いましたのでね。
その下には、ホロシートでさらに派手にし、各角のビスにもHアイズやクリスタルビーズなどでお飾り
あとは、小物をチョコチョコと作りました。

でも今回は、模型製作のほかに、↓のくだらないのとか作ったり、
カタログ製作などをしたので、意外と最後に疲れましたね〜


4コマ マンガ(画像だけどね。)




“遊び”の可能性が無限に拡がる好キット!!!
他メーカーの、1/35ミリタリー物のフィギュアや小道具と組み合わせて、殆ど違和感が無い!!“遊び”が無限に拡がる感じである!!ガンダム好きのみならず、多くの模型ファンに奨めたい!!
こういうのが欲しかったンです!でしょ?!
約25年前、現在のような完成度とはほど遠い「ガンプラ」のディテール・アップに血道をあげていた私たちが求めていたのは、この「ミリタリー調な空気感」!(当時それを何とか体現しようとしてくれた「MSV」シリーズも良かったですけど)1/35の「ザク頭」のディテールは圧巻!バイクや装備品も細部まで表現されており、作る前からワクワクします。砂漠系のベースでジオラマ風に仕上げたいですね。「U.C.ハードグラフ」と銘打ったこの新シリーズ、第一弾の「ワッパ」には正直、その意図に困惑しましたが、こういう狙いだったのですね。今後のラインナップも是非注目です!
とうとう地球連邦軍の登場!今回は08小隊セットということですがキャラクターが濃いため一般兵として改造するには使いにくいかな。ホバートラックは細かいとこまで再現、稼働部も多くていいのですが価格が段々上がっていってるのがマイナスとなります。兵士のみのキットを是非だしてほしいものです。


カタログも製作してみましたので、ついでにアップ。
縮小版ですけどね。