1/100 MG ゼータガンダム Ver.2 塗装完成品



主に使用したカラー(F=フィニッシャーズ)
 □ ホワイト  下地 スーパーファインコバルトF + スーパーブラック + ファンデーションホワイトF 
ファンデーションホワイトF + スーパーファインコバルトF でグラデ 
 ■ ブルー  スーパーファインコバルトF + 蛍光ピンク + ピュアホワイトF
 ■ レッド  ブライトレッドF + 蛍光レッド + 蛍光イエロー + ファンデーションホワイトF
  イエロー ピュアイエローF + 蛍光オレンジ + 蛍光イエロー + ファンデーションホワイトF 
 ■ ダークブルー  スーパーディープブルーF
 ■ シルバー  スーパーチタン ・ メッキシルバー
改修部分に関しては、
こちらの製作日記をご覧ください。

MGゼータVer.2.0をベースにして、ディテールアップを中心に、全体的にメカニカルな部分を露出させたり、
カーモデルやその他 真鍮線・銅線・スプリングなどなどの金属パーツを随所入れてみました。

同時に実際の宇宙空間ではどうかな?
と、疑問もありますが、オラ的な発想で、赤・黒・白・グレーの配線も盛込んで、さりげなく。

変形は強度的に不足したのでオミットにしてありますが、あまり変化ない様に見える背面のウイングの取り付け位置などの変更で
それらしく配置してあります。

ちなみに、マニュピレーターは、握りと平手だけHDMを追加しました。
もちろん、可動するキット付属も武器用として、ありますが、こちらは指の分割はしませんでした〜
分割すると保持力が弱まるので、今回はやめました。

最後のMk-IIとのツーショットはおまけ。
Mk-IIのほうは足長に延長してあるのに、それでもゼータのほうがスマートに見えるね〜




待ちに待った真打がようやく登場
本家RX-78ガンダムが続々とキット化されているのに対し、MGでたったひとつしかキットのなかったZガンダム。(その代わりにZプラス、リ=ガズィなどがありましたが・・)MG、PGなどで今までに培われた技術をフィードバックして、ver2.0の登場です。@PG、MGでのZガンダムの変形機構を見直し、MS(モビルスーツ形態)&WR(ウェイブライダー形態)の二形態を両立AMS形態では、関節構造の再検討と腰部の回転軸の追加によりMS形態でのアクション性を向上BWR形態は、付属のカタパルトベースとの組み合わせで飛行形態でのディスプレイが可能Cカタパルトは、MG「ガンダムMk-Uver2.0」付属のベースと...
Ver.2がまもなく発売されるというのに買ってしまいました。しかも、発売直後にも買ったので2個目。
ぼくにとってこの商品の真価は、ストイックな宇宙機テイストにあります。太いシールド先端がいかにもな再突入体らしさを感じさせるし、ごろんとした固まりを積み重ねるアレンジが、どんくさい印象なのに妙なありそうっぽさにつながっています。
そういえば元祖Ver.kaとも言える商品でもありましたね。
がさがさのマット仕上げでコロンビア級シャトル風にするといい...
レビュー 85年から1年間オンエアされた『機動戦士ガンダム』の続編を、テレビとは異なる結末を見せることを前提に再構築した映画版3部作の完結篇。エウーゴとティターンズの地球をめぐる内戦に旧ジオン軍アクシズが新たに加わり、三つ巴の戦いが繰り広げられていく中、主人公の少年カミーユは過酷な戦闘で心傷つきながらも確実に成長していく。TV版では悲劇に終わった彼の顛末も、映画版では一見予想されうるハッピーエンドを迎える。しかし、その奥には共同体の中に生きる男女の営みを祝福する富野由悠季監督の未来への希望が見事に込められている。こうしたメッセージは20年前の富野作品には見られないも...
アムロやシャアのカッコ悪さがまたたまんない。(笑)
一気に見て、長いこと寝かせておくとまたある日一気に見たくなる…そういう作品だと思います。まさにDVD向け♪。どのキャラもセコい一面や身勝手な一面、臆病な一面や陰険な一面を見せて来るのが面白いですね。ヘンにリアルです。良い面やカッコイイ面ももちろんちゃんと描かれているワケですがそれらは常に淡々と描写されているのでイヤな面だけが印象に残ってしまい、嫌悪感を抱いてしまう人も多い様です。シャアと今作の主...