インクジェット 自作 デカール
インクジェットで自作デカール

自作デカールを作ってみたいけど、
家にあるプリンターでは作りにくいらしい。

かといって、モデラー御用達のアルプスの熱転写を今さら購入するのも・・・
インクジェットプリンターでもなんとかならないものか?

いろいろなHPや雑誌などでも、レビューがある自作デカールに
ついに挑戦してみました。

続きがあるか分かりませんが、とりあえず安易に、タトゥシールで。




タトゥーシール(転写)でデカール作成

どうしても、将来性のない、アルプスプリンターの購入に踏み切れず、
インクジェットプリンターで、自作デカールをやってみたかったので、試してみました。

よく、雑誌などで使用されているのが、
「SUPER CAL」という海外製のインクジェットプリンター用のデカールです。
しか〜し、これがまた高価なんです。
A5サイズ10枚セットとコーティングスプレーで約5,000円。
今のところ試せませんでしたので、安価なタトゥーシールで実験を兼ねて試してみました。

初挑戦ではありますが、今まで雑誌の記事などで内容のほうは分かっていましたので、苦労もなく順調に作業は進んだのですが、問題だったのは、あまり売っていない事でした。
数件のお店をまわってやっと発見しました。
結局は、新宿西口ヨドバシカメラで購入しましたが、地元の電気店でかる〜く売っていて愕然としましたけど。(爆)

タトゥーシール(転写シール)のほうは、入っている枚数にもよりますが、1枚あたりだいたい200円と安価です?

アルプスプリンターのように、白・金・銀 等といったものは当然使えませんが、それ以外のものでしたら、工夫しだいでなんとかなるでしょう。


使用プリンター : エプソン PM-G800 6色
使用ソフト : Adobe Illustrator




エレコム インクジェット用オリジナル タトゥシール
maxell 水ぴたタトゥシール
購入した2種類のものです。
右にある画像に値段がありますが、入っている枚数が違うので、この差です。
使い方については裏面の説明書などを参照してくださいね。


俗に、ドロー系と云われているソフトで、デザインを作成しました。
ソフト自体はなんでも構いませんが、今回は普段使い慣れたイラレを使用しました。
普通に購入するとかなり高い(10万くらい)ので、PC付属のソフトなどで工夫してみてください。
画像ソフトでも問題はないようですしね。

左が通常に作ったもの。
右の画像はタトゥーシール用に反転したものです。(反転させて印刷しないといけないので)

今回は初めての試みですので、カラーチャートを簡単に作ってみました。
CMYKと、K版の細かいもの、そしてCMYでのグレーバランスです。


印刷して、糊シートを貼り付けたものです。
ロゴ部分は省きましたが、カラーチャートを拡大したものを見ますと、かなり荒れているのが判りますね。(画像右)
大きなベタものには使用しないほうがいいかもしれませんね。
しかし、思っていた以上には使えそうです。


テストで簡単フィニッシュで作ったザクに貼ってみました。
普段は切り取ってしまう余白も、あえて残してあります。
表面は多少凸凹した感じがしますが、パッと見は目立ちません。(画像左)
しかし、角度を変えて見て見ますと(画像右)、糊の部分がクッキリと判ってしまいますね。
ある程度の余白は切り取れば良いので、許容範囲といったところでしょうか?
MG付属の薄シールみたいな感じでしょうかね。


いかがです?
今回はテストでもあったので、かなり無駄な使い方をしましたが、やりかたによってはタトゥーシールでもそこそこ使えそうです。

機会があれば、そのうちいろいろなものに挑戦してみたいとは、思っております。