穴あけ加工など

其 の 七

ピンバイス・ドリル など エッチングソーなど
彫刻刀・ヤスリ など カッター・ケガキ など
とりあえず、よく使う道具を並べてみました。
次回のスジ彫りにも共通する道具もありますが、自分のやりやすいやり方や道具でやってみてくださいね。
参考になれば良いのですが。

ちなみにエッチングソーとは・・・
薄手のノコギリで切断や穴あけには欠かせないツールです。
自分はハセガワの0.15ミリがお気に入りですが、薄いので力の入れ方を間違えると直ぐダメにしてしまいます。
トライツールのエッチングソーとかもいい感じで、たまに使用したりしますね。

エッチグソーで デザインナイフなどで
ちょっと今までの4・5号機の画像とは違うのですが・・・。

画像の下のほうにまだ穴を開けていない部分がありますので、違いは解るかな?
穴あけではいろいろなやり方がありますが、
今回は、もともとあるディテール部分の作業ですけど、何もないところでもやることは大して変わりませんので、ちょっと省略します。

まず、ディテール部分のスジ彫りし、アタリをつけます。
これをやるとやらないでは、切断したときのキレイさが違いますので。
それから、アタリのついたところをエッチングソーなどで切断していく方法や、デザインナイフや彫刻刀などで彫り進んでいくやり方など、自分の好みにあった方法で試してみてくださいね。
どちらにしても地道なことには変わりませんけど。

ピンバイスで穴開け
今回は、ディテールよりちょっと小さめのピンバイスで穴を開け、あとはエッチングソーで切断しました。
それから、デザインナイフやヤスリで調えて完成です。
またまた画像が違うのですが、こんな感じっていう参考画像です。